06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物想う夜・・・。

2011
03/04
*Fri*
皆様、こんばんは。

予報通り、今日の金沢は一日中、雪が降ったりやんだりしていました。

DSCN0351.jpg

床暖房の上で、お目目がとろんのさくらです。
今日はお昼頃にお散歩に行ったけど、夕方は行かずじまい・・・。
雪は好きだけど、イマイチ乗り気じゃなかったのかしら?(笑)

積もることはありませんでしたが、やはり寒くて・・・。
お庭でカメラを構えるのも億劫だったので、
昨日撮ったクリスマスローズをアップします♪

kuriro11-29.jpg

最近、娘と同世代の青年が相次いで事件を起こしています。
大人になるかならないかの時期、子供達はいろいろと迷っているのでしょうか・・・。
今日も悲しい事件がありました。
亡くなった女の子のことを思うと、胸が張り裂けそうです。

こんな事件が起こる度に、
私の脳裏を、あるお友達が発した言葉がよぎります。

kuriro11-25.jpg

娘がまだ小学生の頃、仲良しのママ達とよく集まって
ランチやお茶をしながらおしゃべりをしていました。

いろいろな話をする中で、ある時、ちょうどその頃起こった
やはり女の子が犠牲になってしまった事件の話になり、
私のような、女の子を育てているママ達が

『怖いよね、事件に巻き込まれないように気をつけてるけど
 朝から晩まで見ていることも出来ないし
 大きくなったらなったで、より心配も増えるよね・・・』と口にした時でした。

男の子を育てているママが言ったんです。

『実はね、私は別の怖さが常にあって・・・。
 将来、自分の子供が加害者になってしまわないか
 こんなことがあると、ふっと頭をよぎってしまって
 子育てに自信が無くなって、不安でいっぱいになるのよ。』

そうすると、他の男の子のママ達が
私もよ、すごく不安だ、とか
もう上の子は私の背を超えて大きくなってて、ちょっと注意して怒るときも
一瞬怯むけどグッと前に踏み出して、負けないようにしてる、と
皆次々に心の内を話してくれたんです。

kuriro11-23.jpg

私には衝撃的な告白でした。

いつも楽しくて、明るく笑っている彼女達の心の中に
こんなに暗くて深い悩みがあったなんて・・・。

彼女達は当時、本当に一生懸命に子育てをしていました。
決して擁護するわけではありませんが、
事件を起こしてしまった青年の母親だって
きっと全力で子育てをしてきたんだろうと思います。
それこそ身を削るようにして、ありったけの愛を注いで・・・。

苗を買い、同じ鉢に、同じ土を入れて、同じ肥料を使っても、
同じように花が咲くとは限らない。
違いは何?お日様?水?風?
どうしてあっちがきれいなのに、こっちは枯れてしまうの?

子育ての答えって、いつ出るんでしょう?

人間を育てるって、本当に難しい・・・。

あの頃いろんな話をした彼女達とは、
私が引っ越してしまってから、もうずいぶんお会いしていません。
元気かなぁ、どんなお母さんになっているんでしょう。
きっと今でも、息子達に正面から向き合っていると思います。
また会いたいです。

今夜はいろいろと物想いをしました。
なんだかちょっと重い内容になってしまってごめんなさい。
それから、もし嫌な気分にさせてしまったなら許してください。

明日は晴れの予報です。
さて、明日も母さんは頑張るぞ!(*^_^*)


(トロトロさくらと、今夜は少し物想いの私に
 ポチッと応援クリック↓、よろしくお願いします♪)


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT

そうですね。
こんにちは~。マルチングのしつもん、ありがとうございました。
いろいろ試してみることにします。
また、報告しますね。

ワタシもさくらママンさんと同じようにムスメが2人います。
もう大学生と高校生ですが、大きくなっても悩みや戸惑いだらけです。
わりと会話も多い、友達みたいな親子関係ですが、
ココロの中までは入り込めません。
子育てに正解はないのですね。あの時こうしていたらと思うこともあります。
でも、そうやってワタシも子どもに育てられているんです。
こんな話を、さくらママンさんとすることができて、嬉しいです。


2011/03/05(土) 14:20:45 | URL | ととこ #FqTu9.sQ [Edit
本当に・・・心が痛い話です
ukbeatです。

私も娘が中学3年生に4月になりますが
毎日東京の真ん中まで電車を乗り継いで
通っていると思うと、いつどのような事件に
巻き込まれやしないか、本当に不安になります。
が、毎日不安になっていたら生活できませんが
やはり会社の同僚の女性たちとは、悲惨な
事件が起こるたびに、他人事とは思えない
と話をしています。

4歳の怪獣は男の子。今でも別の性というだけで
何を考えているか全くわかりません。
成長過程でも、女の子よりもっと悩むのではと
覚悟しています。何せ、違う動物ですから。

とにかく人に迷惑をかけず、思いやりのある
子に育って欲しい、それだけです。。。。

深い話、ですね。ほんとうに。。。
2011/03/05(土) 16:41:43 | URL | ukbeat #OLHiJ7es [Edit
本当に悲惨な事件でしたね。
心が痛みます。

私は、息子2人です。
ただただ一生懸命に育てていたように思います。
「ここで負けてはいけない!」「親が注意しなくて、誰が注意する。」と思ったこともありました。
「子供っていいな~♪」と思えるようになったのは
息子達が成人してからでした。

其々、家庭を持って親となった今も
心配していたらきりがありません・・・
子育ての答えは、親である限り出ないのではないかと思います。





2011/03/05(土) 22:32:35 | URL | 桃次朗ママ #- [Edit
こんばんわ
私もさくらママン様とおなじく
胸の痛んだ事件でした。

わたしは、男の子と女の子
両方を育てているので
お友達との会話のように
加害者になる不安と 被害者になる不安が
頭をかすめます。

普通に生きていても、
魔物に取りつかれることはある。

親それぞれ 愛し方も違いますが
日々、誠実にいきることを
伝えていかなければと思いました。
2011/03/06(日) 00:16:56 | URL | メアリー #Lb0elJ46 [Edit
ととこさんへ
こんばんは♪

マルチの件、少しはお役に立てたでしょうか。
私もいろいろやってみたいと思ってます。

ととこさんもお嬢さん2人なのですね。
ウチの娘も大学生、彼女なりに世界が広がって
いろんな方とお付き合いし、行動範囲も大きくなっています。
そのすべてをみているのは無理、
心配だけど、仕方ありません。

子供を育てる、子供と向き合うことって
もっとも大事なことだけれど、悩みは多いですね。
これが正解だ、と信じて頑張って行きましょうか。
コメント下さってありがとうございます♪
2011/03/06(日) 00:54:10 | URL | さくらママン #- [Edit
ukbeatさんへ
こんばんは♪

朝、子供を送り出す時って
どうか今日も無事で・・・と毎日ほんとうに祈るような気持ちで
『いってらっしゃい』を言いますよね。
毎日想像もつかないような事件が多過ぎます。

娘に、道を歩いてる時とか気をつけるのよ、と言うのですが
『気をつけてたって、どうすることもできないでしょ。』と
言われてしまいます。
確かに心配したって仕方ないのかも知れませんが
やっぱり心配せずにはいられませんよね。

私は男の子を育てて無いのでわからないけど
ukbeatさんと同じセリフを、男の子のママからよく聞きました。
とにかく体力勝負よ、って言ってたお友達もいます(笑)。

考えてると難しくなるので、
とにかく前を向いて頑張って行きましょ♪
そのうちウンとおばあさんになった頃、
もしかしたら答えみたいなものがわかるかも知れません。(*^_^*)

2011/03/06(日) 01:07:17 | URL | さくらママン #- [Edit
桃次朗ママさんへ
こんばんは♪

今日もずっとニュースで流れていましたね。
両方の親御さんのお気持ちを思うと、どうしようもなく切なくなります。

桃次朗ママさんは、息子さんお2人なのですね。
私の義姉やお友達も、男の子が2人あるいは3人で
桃次朗ママさんがおっしゃったのと同じことをよく言っていました。
「ここで負けてはいけない!」「親が注意しなくて、誰が注意する。」
これは女の子に対しても肝に銘じなければいけないことですね。

答えは親である限り出ない・・・その通りかも知れません。
私は未だに実家の父に怒られたりすることがあります(笑)
きっと私もずっと答えを探しながら、おばあちゃんになるんでしょうね。
2011/03/06(日) 01:27:43 | URL | さくらママン #- [Edit
メアリーさんへ
こんばんは♪

最近いやな事件が多すぎて、ほんとうに胸が傷みます。
なんだか気持ちがモヤモヤとしてしまい
ちょっとブログで想いのままを書いてしまいました。

男の子、女の子、確かに育て方は違うのかも知れませんが
親として伝えたいことは同じですね。
子は親の背中を見て育つ、と昔から言われますが
私の背中は彼女にはどう見えているのかしら。

『普通に生きていても、
 魔物に取りつかれることはある。』

本当にそうかも知れません。
もしも、取りつかれてしまったときに
魔物と闘う術を知った人間になって欲しいです。

2011/03/06(日) 01:38:14 | URL | さくらママン #- [Edit
幾つになっても子供は子供
こんにちは。
埼玉は今日、15℃になった昨日とはうって変わって朝 雨から雪になりました。寒いです~

最近の事件に私も、同じ歳頃の子供を持つ親として心が痛いです。
親も子供も時代の波に逆らえず、懸命に生きている時世だと思います。
子供を育てている親は誰も皆、子供を悪くしようと思って育ててはいないはずです。ありったけの出来る限りの愛情を注いで成長を見守っているはず。

うちにも男の子2人・女の子1人がいます。
小さい時から同じものを食べさせ、同じように育ててきましたが、成長の度合いや性格もまったく違います。

初めて第一子の反抗期にぶつかった時、自分では一生懸命ぶつかっていっているのに思い通りにならず悩む日々、そんな時ママ友達から言われた一言があります。「生まれ持ってる個性はいじれないよ!」と・・・
それからは、直そうとするのではなくまず受け入れ、諭す事にした懸命だった日々を思い出します。

そして、そんな時長男に「ママの育て方がよくなかったのかな?」と聞いてみたことがありました。が・・・長男は「ママの育て方じゃなく、ある程度の歳になったら自分での育ち方だよ。」と言っていました。
そうであるなら、親は子供を信じるしかないという事ですよね。

幾つになっても心配は尽きないですね。

2011/03/07(月) 15:18:35 | URL | つくママ #- [Edit
つくママさんへ
こんばんは♪

そちらは雪だと、テレビのニュースで見ました。
こちらは全然降ってませーん(笑)。こんな日もあるんですね~。

ほんとうに胸が苦しくなるくらいの辛い事件でしたね。
おっしゃる通り、世の中の親は誰一人として
我が子がこんな事件を起こすとは思っていないし
そう信じて育てているわけで・・・。

我が子の命を奪われた親御さんのお気持ちを思うと
ほんとうに胸が張り裂けそうに切ないし、
また、自分の息子が人様の命を奪ってしまったという現実を
目の前に突きつけられた犯人の親は
自分が殺されるよりも辛いだろうと、こちらも胸が締め付けられます。

つくママさんは、男の子、女の子共に育てていらっしゃるのですね。
女の子の親の気持ちは私もわかるつもりですが
男の子を育てているお友達は、注意したりした時に
大声で『うるせーな!』とか反抗されると一瞬足がすくむ時があるわ、なんて
言ってたときもありました。

頑張ってもう少しやっていきましょうか。
クンクン言って手のかかる娘もいますしね(笑)。
まだまだ頑張りましょ♪

2011/03/07(月) 20:54:43 | URL | さくらママン #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

さくらママン

Author:さくらママン
金沢市在住。
バラと柴犬が大好き。

愛犬・さくら(柴犬9歳)
緑内障で両目の視力を
失いました。



ランキングに参加中♪

応援よろしくお願いします♪



最近の記事



最近のコメント



こちらも参加中♪

blogram投票ボタン



メールはこちらへ♪

名前:
メール:
件名:
本文:



カテゴリー



ブログ内検索



お友達リンク



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



FC2カウンター



LOVE LOVE SAKURA

愛犬さくら(柴犬)のサイト。

当ブログの本館です♪



リンク



月別アーカイブ



ブログパーツ



Copyright © Maman's Garden ~お花と私と柴犬と~  All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。